4点綱引き (4点つなひき)

鬼ごっこ、かんけり、ゴムとびなど、昔からある子どもの遊びはいつになっても人気です。
質素だけれどずっと遊べる、誰でも楽しめる、思い出に残る、そういう遊び。

『4点綱引き』の遊び方

・ 人数 : 40人くらいまで
・ 準備 : 20m位のロープ、ざぶとん(段ボールなどでもよい)4枚、空き箱4個、玉数十個


  1. ロープの両端をくくり、地面に四角形に置きます。
  2. ロープの四隅のそれぞれ3〜4m外側に箱を置き、箱の周りに同じ数の玉を転がしておききます。
  3. 四角形の内側に1人ずつ入ります。おなかにざぶとんをあて、その上にロープがくるように用意します。
  4. 合図で4人がロープを引っ張り合い、それぞれ自分の前の箱に玉を拾って入れます。
  5. 決められた時間内(2〜3分程度)に多く玉を入れた人が勝ちます。

4点綱引き

『4点綱引き』を遊ぶときのポイント

・3〜4m外側に品物を置き、リーダーの合図でひっぱり合いながら、目の前の品物を取る方法もあります。一番最初に取った人が勝ちます。

・転倒して怪我をしないように、遊ぶ場所や、4人の力の強さを考慮して遊びます。