三角鬼ごっこ

鬼ごっこ、かんけり、ゴムとびなど、昔からある子どもの遊びはいつになっても人気です。
質素だけれどずっと遊べる、誰でも楽しめる、思い出に残る、そういう遊び。

『三角鬼ごっこ』の遊び方

・ 人数 : 30人〜40人
・ 準備 : チームが分かる目印(ゼッケン、帽子など)、チームの陣地を決める


  1. 3チームに分かれます。(例:3種類の色別ゼッケン : 赤、青、黄)
  2. 各チームの人数をほぼ同じにする。
  3. 赤は青を捕まえ、黄に捕まえられる。青は黄を捕まえ、赤に捕まえられる。黄は赤を捕まえ、青に捕まえられる。このように、3組を決めます。
  4. 各チームのメンバーはそれぞれの陣地に入って合図を待ちます。(陣地の間隔は広い方が遊びやすい。)
  5. 合図と共に、各チームは、捕まえるチームの人を追いかけタッチし、同時に捕まえられる人からはタッチされないように逃げます。
  6. タッチして捕まえることができた人を、自分の陣地に連れて行きます。
  7. 逆に、タッチされた場合は、その陣地に連れて行かれます。
  8. 時間を決めて、多くの人を自分の陣地につなげたチームが勝ちます。

三角鬼ごっこ

『三角鬼ごっこ』を遊ぶときのポイント

・相手を自分の陣地に連れて行く途中は、タッチされても捕まりません。

・捕まった人は、自分のチームの人にタッチしてもらったら、助かることができます。そこから先につながれていた人も全員助かります。

・どのチームが一番早く全員を捕まえられるかを競っても楽しい。