長さと重さ

鬼ごっこ、かんけり、ゴムとびなど、昔からある子どもの遊びはいつになっても人気です。
質素だけれどずっと遊べる、誰でも楽しめる、思い出に残る、そういう遊び。

『長さと重さ』の遊び方

・ 人数 : 制限無し
・ 準備 : 枝と石、長さをはかるスケールと重さをはかる計り。


  1. リーダーの用意した枝(石)をみんなに見せて触れさせ、長さ(重さ)を覚えさせます。
  2. みんなで自然の中に入り、リーダーと同じ長さの枝(同じ重さの石)を探します。
  3. それぞれの人が探してきた枝の長さ(石の重さ)を計ります。
  4. リーダーのものと一番近い人が次のリーダーになります。

長さと重さ

『長さと重さ』を遊ぶときのポイント

・子供達と自然の中でいつでもどこでも遊ぶことができます。

・枝や石は、目でよく見たり、手に乗せて触れたりさせ、感覚で覚えるようにします。