花と風

鬼ごっこ、かんけり、ゴムとびなど、昔からある子どもの遊びはいつになっても人気です。
質素だけれどずっと遊べる、誰でも楽しめる、思い出に残る、そういう遊び。

『花と風』の遊び方

・ 人数 : 制限無し
・ 準備 : 特になし


  1. 間隔をあけて、2本の線を引きます。
  2. 花組と風組の2組を決め、それぞれの組の中でリーダーを決めます。
  3. 花組はチームで花の名前を1つ決めます。
  4. 前方の線の外で2組が向かい合って並び、風組のリーダーは、花組の花の名前を当てます。
  5. 花組のリーダーは、はずれたら「はずれ」と大声で言います。当たれば「当たり」と言い、同時に花組の全員は後方の線まで逃げます。
  6. 風組のメンバーは、逃げる花組に追いついてタッチします。線まで逃げるまでにタッチされた人は、相手の組のメンバーになります。
  7. 1回ごとに組の役割を交代します。
  8. 決まった回数を行い、残ったメンバーの数が多い方が勝ちになります。

花と風
H2

『花と風』を遊ぶときのポイント

・花をいろいろな物(例えば魚や虫、くだもの、動物など)に変えて楽しむことができます。

・物の名前はなるべく優しい物を使わないと、なかなか当たりません。